色鉛筆とアクリル絵具で頭の中に浮かんだものを描いてます。

海は広いな

 35年間勤務した職場を離れて、一人ぼっちで大海原を泳いでいます。無口な航海になるかと思いきや、新しい仲間、通信大学の卒業生仲間、そして家族や趣味の仲間に助けられて楽しい船出となりました。こんな環境で挑戦を続けられるのは、本当に幸せなことだと感謝しています。

 挑戦の結果が出るのはまだまだ先ですが、諦めない気持ちで活動を続けていきたいと思っています。パプリカ展はそのスタートを切る大事な企画展。楽しくを第一に企画展成功を目指します。

今年の予定を見直してみると、9月はイベントが集中しています。

早くも波乱の予感?